このくろの道草ブログ

夕焼けを見たり、釣りをしに行ったり、たまに真面目なことを書いたり、そんな道草を楽しむブログです

【あつ森】撒き餌なしでも、高台を走り回った方がイトウが早く釣れる件【あつまれどうぶつの森】

撒き餌を使わないでもイトウを
釣ることができたので記事にしてみました。

撒き餌を使わない理由

・撒き餌(アサリ)を集めるのが大変。
・高台の川は魚が常に4匹程度いるので、走りながら魚を逃がしてリポップさせた方が早いと判断。
 (魚を逃がした時に低確率でイトウはリポップする)

約1時間走り回った後の釣果

イトウ 3匹
オオイワナ 2匹

f:id:konokuro:20200328170834j:plain

f:id:konokuro:20200328170852j:plain


やりかた

高台の上の川まで行き、
「高跳び棒」と「はしご」を使って、「特大」の魚影がないか探します。

特大以外の魚影は走るか高跳び棒で魚を逃がします。
ここで魚を逃がさないと次の魚がリポップしません。


1分で3~4匹の魚と出会えるので、アサリ4個分の効果があると考えれば
こちらの方がお得な気がします。

f:id:konokuro:20200328170837j:plain


自分の島は高台の上に2つの川が流れています。
2本の川のうち、左側の川はこんな感じです。

1匹目はここで釣れました。
f:id:konokuro:20200328170817j:plain

f:id:konokuro:20200328170825j:plain



右側の川はこんな感じ
こちらでは釣れませんでした。
f:id:konokuro:20200328170822j:plain



2匹目は川の支流で釣れました。
f:id:konokuro:20200328170830j:plain

f:id:konokuro:20200328170813j:plain


3匹目は魚影の写真がとれました。
f:id:konokuro:20200328170841j:plain
f:id:konokuro:20200328170845j:plain

無事、3匹目ゲットです。
f:id:konokuro:20200328170849j:plain



まとめ

魚のポップ数が安定している川であれば、
撒き餌を集めるより走り回った方がたくさん釣れそうです

1分で3~4匹の魚をリポップできるので、
60分走り続ければ、 120匹 ~ 240匹の魚と出会える計算です。
(途中、特大魚影の魚釣りをするのでもう少し減りますが)

アサリを集める苦労を考えれば、走っていた方が効率的です。

< 撒き餌が効果的な場面 >

魚が自然にリポップしない桟橋や池では、撒き餌の効果が一番発揮されるのではないかと考えています。
池のランチュウは撒き餌を使った方が早く釣れました。

< 最後に >

撒き餌も闇雲に使うのではなく、適材適所で使うほうがアサリを無駄にしないで済むはずです。

撒き餌を使っても、イトウがなかなか釣れない方は、
高台を走り回って釣る方法を試してみてはいかがでしょうか。