このくろの道草ブログ

夕焼けを見たり、釣りをしに行ったり、たまに真面目なことを書いたり、そんな道草を楽しむブログです

【本番に強くなる勉強法】時間を測るだけ!のお手軽勉強法

こんにちは、このくろです。

夏休みも終わり、受験生の方は本腰を入れ始める時期ではないでしょうか。

今日は、勉強の質を上げる方法を一つご紹介したいと思います。


それは、勉強をする時に時間を測る!
これだけです。

問題を解くのにどれくらい時間が掛かるかを計測しておくのです。

目の前に時計を置いて置くだけで大丈夫です。


はじめのうちは、掛かった時間はどんなに長くても構わないです。時間に意識を向けることが重要です。

その計測した時間を元にどこに時間がかかっているかを分析すれば、対策することもできます。

時間管理能力も向上する

また、時間管理能力が上がるので、試験では全体の問題数を見て、おおよその見積もりを立てることができ、慌てずに問題に取り組むことができるようになります。

普段から時間を意識していないと、この能力はなかなか身につきません。

本番に強くなる効果もあり

時間を意識すると本番と同じような緊張感を味わうことができます。

例えば、今から15分で問題を解くと考えてやってみてください。

時計の進む針が気になり、普段解ける問題が解けなくなったり、予想以上に時間が掛かってしまうことがあります。

この練習を積んでおけば、時計の針に惑わされることなく、本番でいつも通りの力が発揮できるようになります。

「練習は本番のように、本番は練習のように」という言葉がありますが正にその通りです。

本番で力を発揮できないという方は普段からこの練習をしておくことをお勧めします。

注意点

注意点としては、問題の理解に励んでいる状態の時には、この方法はあまりオススメしません。

時間を気にして、理解が疎かになれば、何も身につかないからです。

ある程度理解をして、試験を想定した勉強法を身につけたい時や集中して勉強に取り組みたいという時に使える技なので、そこだけ注意をしてください。


以上、本番に強くなる勉強法の紹介でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。