このくろの道草ブログ

夕焼けを見たり、釣りをしに行ったり、たまに真面目なことを書いたり、そんな道草を楽しむブログです

信じることさ、必ず最後にスプーンは勝つ!

こんにちは、このくろです

今回は、栃木にあるキングフィッシャーさんにバス釣りをしにやってきました。

ここは浮木などのストラクチャーがたくさんあり、その下にバスが居着いているのが特徴です

りを開始!

前回、ミノーで反応が良かったので、ストラクチャー周りを丁寧に探ってみます。

途中までは追ってきますが、口を使ってくれません。

口を使っても超ショートバイト
甘噛みもいいところです。

お前はトラウトか!(笑)と心の中で思いながら、あまりに乗らないのでワームに変更しました。


結果は、3時間くらいやって
フリックシェイクで3匹
バルビュータで1匹


ワームでもかなり食いが渋い状態のようです

周りの方もあまり釣れていません

きの釣りがしたい

やっぱり巻いて釣りたいなと思い始め、巻けるものをルアーボックスから探し始めました

キラキラと光る1つのルアーが目に入ります


そう、『スプーン』です


これしかない!
このスレきったバスには、他の人が投げないものを投げないと釣れない!
とそう思いました。というかスプーンで巻きたいというのが本音です(笑)


自分が釣れそうと思うものを使った方が、キャストやアクションがより丁寧になるので非常に有効だと思うんです

プーンを投げてみて

スプーンを投げはじめた後の率直な気持ちは


巻いてるだけで気持ちがいい


ラインを張るか張らないかの寸前を保ちつつ、スプーンの重さをロッドで感じながら、巻くこの感じはミノーやクランクにはない感覚です。



そして、投げはじめてから3分ほどして
ググググッと待望のアタリが!


これです!この感覚がたまらないんです


おもっくそフッキングして引き寄せます


20cmくらいのバスでした


スプーンには好反応で
そのあともポンポン釣れました


この池では大きめのバスも釣れました
36cmくらい


対岸のせり出ている草の中やストラクチャーの際を通すようにキャストすると反応がよかったです


締めの一匹はこの子



果はいかに

結局2時間やってスプーンで10匹ほど

巻いてて楽しい、釣れて楽しい
今日は、そんなスプーン様に助けられました


みなさんも釣れなくなった時には一度スプーニングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか

新しい釣りの扉が開かれるかもしれませんよ( ・∇・)

以上、「必ず最後にスプーンは勝つ」の釣行でしたー!


最後までお読みいただきありがとうございました。