このくろの道草ブログ

夕焼けを見たり、釣りをしに行ったり、たまに真面目なことを書いたり、そんな道草を楽しむブログです

【長野 管釣り】「ワサビが育つ綺麗な水」と「実家に帰ったような安心感」 『あずみ野フィッシングセンター』

こんにちは、このくろです

6月中旬に、長野県にある『あずみ野フィッシングセンター』さんに行ってきました。

【最寄駅】大糸線穂高駅』
【駅から釣り場まで】徒歩 33分

駅から徒歩で30分弱のため、それほど遠くはありません
いつものごとく歩いていきます

駅を出ると、すぐに田んぼ道が続きます
長野は自然が多く、歩くだけで体がリフレッシュされます


歩いていると、途中に綺麗な川を見つけたり


綺麗な景色を見ながら歩いていると、釣り場に到着しました!

しかし、受付に行っても、店員さんがいません

「不在時は電話をしてください」

と張り紙があったので、置いてある子機で電話をすると、店員さんが来てくれました。

自分の祖父と祖母と同じ年くらいのご夫婦で経営されているようです。

「普通はクルマの音で気づくけど、歩いてきたので、気づかなかった」とのこと

ここまで歩いてくるのは自分だけだと思います!笑

釣り開始

早速、釣券を購入して釣りを開始

池は水深1.5mくらいのフラットタイプ
水色はドクリアで池の底まではっきり見えます

魚は40〜50の大物がうじゃうじゃ泳いでいました
(1m越えののチョウザメ?も泳いでいましたが、あれは釣れるのだろうか)

店主曰く、近くの川から大量の水を引き込んでいるため、この浅めの釣り堀でも成り立っているとのこと。
この水量がなければ、もっと池を深くしないと魚がうまく生きられないとか

通りで魚が丸々と太っているわけです


というわけで最初は、ミノー ライトマジックを投げてみます。


しかし、10投くらい投げても、チェイスすらありません


それを見かねたご主人が、一言


「着水した後、少し待ってから、もっとゆっくり巻かんといかんぞ」


なるほど!と思い、さらにゆっくり巻いてみます


すると、


釣れちゃいました!


長いものには巻かれろと言われますが、本当にその通りだなと思いました。

魚が追い付ける速度を意識して、ルアーを巻くスピードはゆっくりであればあるほど釣れやすいとのことです



その後も、ゆっくり巻くことを意識して、魚を釣っていきます




3時間くらいやって、釣果は6匹

今日はわさび農場にも行くので釣りはこの辺で終わりにしました。

店主のアドバイスがなかったら、坊主だったかもしれません(*_*)


さらに釣りをした人にはジュース1本がもらえます
自分は、コーラをもらいました

ありがたいサービスですね


その後、近くのわさび農場に行くことを伝えると、行き方や帰りのバスについても詳しく教えていただきました。

こういう人の優しさに触れると、心がじーんとします

実家のお爺ちゃん、お婆ちゃんのことを思い出す釣行でした。

また、長野に行く時には、立ち寄ってみようと思います!



最後までお読みいただきありがとうございました