このくろの道草ブログ

夕焼けを見たり、釣りをしに行ったり、たまに真面目なことを書いたり、そんな道草を楽しむブログです

【長野県 管釣り】冷たい水を求めて 「ハーブの里 フィッシングエリア」

今回は、長野県にあるハーブの里フィッシングエリアさんにやってきました。


一番近い駅は、『安曇追分駅』 です
読み方は『あずみおいわけ』

駅から釣り場までの歩く時間は40分


ちょっと遠め!



ということで歩いていきます


駅を出ると、田んぼ道が続きます。
自分はこういう道はいつまでも歩いてられます



途中で見かけた川は、前日の雨でどちゃ濁り


と、周りの風景に目を奪われながら歩いてると、

目的地に到着!


静けさもあって緑の残る池で、いかにも釣れそうな感じがします



釣り場の情報

↓ホームページ
ハーブの里フイッシングエリア

池の水 : クリア
魚影 : 普通
魚の大きさ : 20cm前後


釣り開始!

早速釣りを始めてみると、中くらいの魚がチラホラ釣れます。

深めよりも軽めのスプーンで表層を引くと反応がいいです。



大きな魚を求めて
真ん中にいくほど深くなっている池なので、池を一周しながら、どこに魚が溜まっているかをチェックしていきます




気になる桟橋があったので、桟橋の足元に投げると、


ググッと大きなアタリが!


35cmくらいのよく引く魚でした。
今日釣れた中では、一番大きい魚です。



その後も、数は釣れ続け・・・
今日の釣行は終了です

気づき

気温が上がった時は、水の気温が低い場所を狙った方が魚が釣れやすいみたいです。

最初は、一番深い場所を狙っていたのですがイマイチ反応がなかったので、水が入ってくるインレットに絞ると、魚が口を使ってくれるようになりました。

夕方になって、気温が下がると全体的に魚が口を使ってくれますが、それまでは、いかに水温が低い場所を見つけられるかが釣果に影響しそうです。

最後に

魚も見えて、地形変化もあり、ロケーションが良い場所でした
ただ、魚の平均サイズはそこまで大きくありません。

ロケーションや数釣りを楽しみたい方には、おすすめ場所かと思います!



最後までお読みいただきありがとうございました