このくろの道草ブログ

夕焼けを見たり、釣りをしに行ったり、たまに真面目なことを書いたり、そんな道草を楽しむブログです

電車バサーにオススメの道具3選

こんにちは、このくろです。

今回は、電車バサーにおすすめする便利なグッズを3つご紹介します。


1.リュックを雨水から守る防水カバー

電車バサーにとって、つらいのがです。
カッパを着れば、体を守ることはできますが、リュックはそうはいきません。
そこで、以下のリュックカバーがおすすめです。

こちらは折りたたむことができ、筆箱に入るくらいに小さく非常に軽い作りになっています。
常にリュックに入れておき、雨が降ったら、このカバーをリュックに装着するだけで、リュックを雨水から守ることができます

欠点としては、リュックのショルダー部分が若干濡れてしまうことですが、そこまで気になるものではありません。

2.シューズを簡単に防水

もう一つ、防水が必要な場所があります
そうです、シューズです!

長靴を履くのが一番効果的ですが、長靴は重たいですし、もっとコンパクトで手軽に防水できるものがほしいところです。

そこで、使えるのが以下のシューズカバーです。

こちらは、靴の上側に取りつけるシューズカバーで雨水から靴を守ります。
重さもそれほどないので、リュックに入れていても邪魔にはなりません。

最初から防水用のシューズを購入するという選択肢もあり

防水加工されたシューズも売られていますのでそちらを購入するという選択肢もありかと思います。

ただし、完全な防水という靴は非常に高価で、手ごろな値段で買えるものは少量の雨を撥水するくらいのイメージだと考えていた方が無難です。

私も以下の靴を雨(1mm~2mm)のなか、1時間くらい使用しましたが、若干の浸水はありました。
あと、防水シューズは靴の中が蒸れやすいので、夏の釣りでは気を付けた方がいいです。


3.リールを守るカバー

自分が失敗したのが、リールを買った時に付いている付属の袋にいれて持ち歩いていたのですが、
それが原因で、リールを傷つけてしまったことがあります
(高めのリールだとショックも大きい)
リュックの中で、ルアーケースなどとぶつかって傷が付いちゃうんですね

なので、リール用のカバーをつけておくと傷を防ぐことができます。
ロッドに取り付けたままでも装着することができるので、おススメですよ。

↓ベイト用はこちら



以上、電車バサーにおすすめしたい道具3選のご紹介でした。

便利な道具を使って、少しでも電車での釣りが快適になればと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。


konokuro.hateblo.jp