このくろの道草ブログ

夕焼けを見たり、釣りをしに行ったり、たまに真面目なことを書いたり、そんな道草を楽しむブログです

【高いカメラを購入する前に!】スマホでも撮影ができる備品まとめ

こんにちは、このくろです。

最近、YouTubeなどで釣り動画をアップロードされている方が増えていますよね
そこで、「いきなり高いカメラを買ってみよう!」と考える前に、お持ちのスマートフォンで撮影してみることをおすすめします。
最近のスマートフォンは、画質もよくて、市販のカメラに負けない撮影ができるんですよ。

影に必要なもの

スマートフォン
・チェストマウント
・モバイルバッテリー
・動画編集ソフト

なぜモバイルバッテリーが必要なのか?

スマートホンで動画撮影すると、バッテリー消耗が非常に早いのです。

iPhone8 で1080p/30fps の設定で撮影すると、3分~5分で10%のバッテリーを消耗します。
つまり、100%充電した状態でも最大で50分ほどしか撮影できません。

なので、モバイルバッテリーの存在が必要になってきます。

動画編集ソフト

動画編集ソフトと聞くと、「高そう」、「難しそう」という印象がありますが、今は無料で直感的に使えるソフトも存在します。
まず、無料版を使用してみて、もっと高度な編集がしたいと思ったら有料版に手を出してみるのがいいのではないかと思います。
無料で使用できるおすすめのソフトは以下の3つになります。

iMovie

Mac/スマートフォンで直感的に利用できるソフトです。
簡単なカット編集やテキスト挿入などをするのであればこちらのソフトがおすすめです

PowerDirector

jp.cyberlink.com

こちらは、1カ月間無料で使用できるソフトになります。
私もこちらを使用していますが、カット編集、音楽・効果音の挿入などちょっと複雑な編集もできるようになっています。
少し凝った編集をしたい方はこちらがおすすめです。

Fimore

filmora.wondershare.jp

こちらも無料で使用できるソフトです。
PowerDirector と同様に少し凝った編集ができます。

しかし、
自分はこのFimoreが一番使いやすかったのですが、動画をつくって再生してみると、
めちゃくちゃデカいロゴが動画に出てきます!

これが原因でFimoreは使わなくなりました
(有料版を購入すれば、このロゴは消すことができます)

ロゴの存在が気にならない、後々有料版を購入する意思があるという方はFimoreでも問題ないかと思います。

後に

いかがだったでしょうか。
動画撮影にチャレンジしたい方は、まずスマートフォンで撮影と動画編集をやってみて、面白いと思ったら、カメラを購入してみてもいいのではないでしょうか。

以上、スマートフォンでの動画撮影のご紹介でした!


最後まで読んでいただきありがとうございました。


konokuro.hateblo.jp