このくろの道草ブログ

夕焼けを見たり、釣りをしに行ったり、たまに真面目なことを書いたり、そんな道草を楽しむブログです

【長野】はじめての管釣り トラウト・ニジマス『白馬八方ニレ池フィッシングセンター』

こんにちは、このくろです

今回は管釣りがやりたいと思い、長野県 白馬村にやってきました。

冬はスキー客で賑わう町ですが、今の時期は人も少なくて観光がしやすい雰囲気です


駅からは、雪に積もった白馬岳が見えます

この景色を見ているだけでもだいぶ満足なんですが、
本日はここから、管理釣り場まで向かいます
(徒歩で30分)


歩いていくと、どんどん白馬岳が近づいてきます



そして、着きました!
『白馬八方ニレ池フィッシングセンター』


水色は青みがかったクリアブルーで、
目視で魚が泳いでいるのが見えます。

利用料金

料金はルアー/フライと餌釣りで分かれていて、
釣った魚は持ち帰ったり、その場で焼いて食べることができます

●ルアー/フライ
一日券 3900円 (キープ 5尾)
半日券 3500円 (キープ 3尾)
3時間券 2700円 (キープ 2尾)
90分券 2100円 (キープ 1尾)

※女性、中学生は上記金額から500円引き

レンタルロッド 上記料金+1500円
(ルアーとフライ両方がレンタル可能。
ルアー/フライが2個付いており、帰る時に持って帰れます)

●餌釣り
入場料(サオ/ 仕掛け/ エサ付) ¥1000 (一竿当り)
釣れたお魚           ¥150 / 100g
焼き代             ¥100 / 1尾

●詳細はこちらのホームページから

※「ワーム禁止」、「使用できるルアーは〇〇gまで」など細かいルールがあるため、
管釣りに行く前にホームページをチェックしておくことをおすすめします

www.nireike.com



私は、柔めのバスロッドとスプーンを4個ほど持ってきていたので
今回は、ルアー/フライの1日券を購入して釣りを始めました。

実際に投げてみる

バスロッドでも投げれるか不安でしたが、問題なく投げることはできました。
投げたのは、2.2gから3.5gのスプーン

しかし、表層にたくさんの魚が浮いていますが、
スプーンに全く魚が反応を示しません。

ある程度ネットで動かし方を調べていたので、
「ただ巻き」、「リフト&フォール」、「トゥイッチ」など色々と試してみますが、ノーバイト


スプーンの色が悪いかなと思い、『青銀色』に変更してみます

f:id:konokuro:20190616135206j:plain

すると、コツン!とアタリが
ギル系のアタリに似た感触です

ただ、小さなアタリはあるのですが、なかなか針にかけることができず、時間が過ぎていくのみ・・・


開始から3時間ほどして、あることに気づきます

「魚が表層の葉っぱの切れ端を食べている・・・」

表層に浮かべるルアーなら釣れそうと思ったのですが、そんなルアーは持っていません

このままスプーンでやっても釣れなさそうなので、
フライをレンタルしてやってみることにしました

フライに変えてみると・・・

f:id:konokuro:20190616135617j:plain

お店の人に「フライがやりたいんですけど・・・」と伝えると、
「かなり難しいですよ^^」と優しい忠告が・・・

でも1匹は釣りたいので、フライでやることにしました。

10分ほどフライの使い方を教えてもらって、いざトライ!

フライフィッシングについて

フライフィッシングのロッドは、太い糸の先に細い糸が付いていて、その先に、毛鉤をつけます。
フライの投げ方は特殊で、毛鉤自体に重さがないため、竿の遠心力では飛んでいきません。
そのため、太い糸の長さを左手で調整しながら竿を前後に振って、どんどん飛距離を伸ばすという投げ方を行います。

リールの投げ方と全く異なるため、慣れるまでかなり難しいです。

f:id:konokuro:20190616141018j:plain

f:id:konokuro:20190616135539j:plain


10分ほど投げる練習して、実際に毛鉤を付けて投げてみます。
はじめは『浮き毛鉤』という水面に浮くタイプを使いました。

いざ、浮き毛鉤を投げてみると・・・
そのまま待っているだけで魚が寄ってきます。
(餌だと認識しているようです)


そして・・・

ついに、釣れました!

投げるのは難しいですが、フライに変えて良かったと思いました


その後、浮き毛鉤で2、3匹釣った後、『沈み毛鉤』も使ってみました
こちらは毛鉤が水中に沈むタイプです

f:id:konokuro:20190616135441j:plain

投げた後、フォールで喰わせるような感じで、
ワームの釣り方に似ています。

こちらも、数頭投げてみると
「スー」とラインが走り出し、合わせると!


釣れました!



投げてフォールを待っているだけで釣れます!
ほぼ入れ食い状態です。

時にはこんな白いお魚や!

大きな魚も!


魚を観察して、途中でフライに変えたのが釣果につながったと思います。
ただ、周りのお客さんはルアーで大きい魚をバンバン釣っていたので
自分もいつかスプーンで釣ってみたいなと思いました。

本日の 結果

最初の3時間 : スプーンで0匹
残りの4時間 : フライで15匹くらい 


フライは、投げ方が難しいですが、1時間くらいすればある程度慣れてきます。
管釣り初心者の方は、スプーンで釣れないなら、フライでやってみることをおすすめします。


以上、はじめての管釣り釣行でした。



最後まで読んでいただきありがとうございました。


フォレスト(FOREST) ルアー MIU(ミュー) 3.5g No.12 スプーン

フォレスト(FOREST) ルアー MIU(ミュー) 3.5g No.12 スプーン


konokuro.hateblo.jp

konokuro.hateblo.jp