このくろの道草ブログ

夕焼けを見たり、釣りをしに行ったり、たまに真面目なことを書いたり、そんな道草を楽しむブログです

【琵琶湖 バス釣り】おにぎりフィッシング!釣れない時はご飯を食べながら待て

こんにちは、このくろです。

最近、バス釣りをしていて不思議な現象に遭遇しました。

琵琶湖で釣りをしていて、1時間くらい投げ倒して、あまりに釣れないのでワームを投げた後、おにぎりを食べていたんです。

そして、おにぎりを食べ終わった後、ロッドを一回上にしゃくったら、グイッと大きな重みが!

釣れたのは、40UPのバスでした。
(ワームを放置していたのは10分程度)

そこは、ウィードや岩もない何の変化もない場所でした。

なのになぜ釣れたのか?

それは、『リアクション』が関係してるのではないかと考えました。

一度、ワームを投げて、フォールしてきたワームにバスは興味を示さなかった。
しかし、しばらく放置することで、ワームがバスの頭から消えて、その後ワームを急に動かすことで、それを餌だと思って『リアクション』で食ったのではないかと。

よく止めておく時間が大事と聞きますが、
静と動のギャップを作ることが大切なんだと思いました。


1時間くらい投げ倒した後のフィールドで釣れたので、意外とどこの場所でも有効ではないかと思います。

なぜ釣れたのか理由を考察してみると、アクションの幅が広がりですね。


ぜひ、皆さんも釣れなくなった時は
『静と動のギャップ』
一度試してみてはいかがでしょうか。


最後まで読んでいただきありがとうございました。