このくろの道草ブログ

夕焼けを見たり、釣りをしに行ったり、たまに真面目なことを書いたり、そんな道草を楽しむブログです

【5cmを意識するだけ】釣果に差が出るカットテールの使い方

こんにちは、このくろです

今回は、約3年カットテールを使い続けて分かった
カットテールの動かし方を記事にしてみました。

はじめに:なぜカットテールなのか?

無難な形にテールが付いたワーム
野池での50up、琵琶湖での40upの多くを仕留めたのもカットテールです。
そのくらい釣れるワームなのです。

釣れる秘密は、絶妙な塩加減

ゲーリーヤマモトが作成するワームは、
水に落とすと分かるのですが、すごく生命感のある動きをしています。
他社のワームは何となく物質的な落ち方をするのに対して、ゲーリーは、ふわふわっと生命感がある感じです。
この生命感を出しているのが絶妙な塩加減のバランス。触ったらジャリジャリするくらい出てくるアレです。

これが釣れる一つの理由です。

おすすめのサイズと色

サイズ:5インチ
色  :グリーン系(ウォーターメロン等)


カットテールの動かし方

今回は、ネコリグの場合での動かし方説明をします。

ネコリグを動かすコツは、「移動距離」と「止めておく時間」の2点です。

移動距離は5cmを意識

まず移動距離ですが、キャストしてワームが着底するまで待った後、
竿先で動かす距離は5cm程度を意識してください

なぜ、5cmかと言いますと、実際に存在するミミズは1mも大ジャンプすることはありません。
そして、超活発なバスでない限り、大きく動く獲物を追っかけては来ません。
ワームは点で釣るリグなので、動きのあるバスというよりも、じっとしているバスを定点攻撃で釣りあげるのに特化しているのです。

ですので、頭の中で5cmの距離を動かすイメージをしながら、竿先をチョンチョンしてやってください

止めておく時間は5秒~10秒

そして、ワームを動かした後に待ち時間をつくります。

待つ時間は5秒~10秒程度

ノーシンカーだと竿先で動かした時に、底からふわっと少し浮きます。
そして、底に着くまでに2,3秒程度

この着底後にバスが口を使うので、5秒~10秒待ってバスのお食事タイムを設けるわけです。
バスが口を使おうとしているのに、すぐにワームを動かし始めると魚は釣れないというわけです。

この2点を意識するだけで、バスがいれば確実に口を使ってくれます。
バスがいるのに、口を使わない場合は、ワームの動かしすぎが原因です。


【イメージ図】
f:id:konokuro:20190921222102p:plain


それでも釣れない時は、ネイルシンカーを外してみる

琵琶湖などの深い場所では難しいですが、水深1.0m程度の浅いエリアでは、
ノーシンカーをおすすめします。

飛距離を出すためにシンカーを付けたい気持ちもありますが、
シンカーを外した途端、バスが釣れ始めたことがあるくらいノーシンカーは優秀です。

ノーシンカーは、オモリがない分、自然の生物に近い動きをするので釣れやすいのだと思います。

ただ、ノーシンカーは、流れがある場所や水深が深い場所では不向きのため、
釣り場の環境に合わせて使用するようにしてください

最後に

毎年、新作のワームが出ていて、自分も試してはいますが、
それでも多用するのはカットテールです。

シンプルが故に、釣れた時の気持ちも人一倍大きい
そんなカットテールで貴重な一尾をものにしてみはいかがでしょうか

皆様の釣果のお役に立てれば幸いです。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


konokuro.hateblo.jp

近所の川でバス釣り

こんにちは、このくろです

最近の釣りはもっぱら川に行くことが多くなりました。
川だと人も少なく、のんびり釣りができて、自分の性格に合っているのです。

というわけで、今回は川に釣りをしに行った様子をご紹介していきます。
今回の狙いはバスです。

チャリンコで釣り場へ到着して

家から自転車を漕ぐこと1時間
ここはgoogle mapでは素通りしてたのですが、現地で見たら魚いそうじゃないと思って見つけた場所です。
やっぱり、現地確認が一番ですね

水はクリアウォーター

川の流れで抉られた深みがある場所を狙っていきます。

手始めにスプーンから

まずは、スプーン3.5g 銀色を投げてみました。
魚の活性が高ければ、10分くらい投げてれば、反応があるのですが今日は反応がありません。
このままスプーンの練習をしていたいところですが、暑すぎるのでスプーンをしまうことに

反応がないのでワームへチェンジ

仕方がないので、持ってきていたワームを導入することにしました

カットテールのネコリグです


ワームへ変更して
2投目でツンツンと反応がありました。

フッキングすると
25cmくらいのバスさんでした

下顎にヒットしてます


やっぱり、カットテールって釣れますね
シンカーはつけずに、ノーシンカーでやってます
(自然に近い動きだからか、シンカー無しの方が魚の食いつきがいい感じがします)

その後も、カットテールでボコボコ釣れました

この子は上アゴにヒット

トラウト釣りの癖のせいか、アタリを感じたら糸を巻きとらずに、すぐに合わせてしまうのでバラシが多いです。
アタリを感じてもグッとこらえて、臨機応変に対応していきたいところです。


たまに小さいやつも釣れたり

今日は晴れていて釣り日和でした

最後はこの子で終了です
ヤマセンコーの小ちゃいやつで釣れました


この前は、スプーンで入れ食いだったのに今日はワームの日でした。
気温が上がりすぎて、活性が下がっているのかもしれないですね。

最終釣果は、6バス、2バラシでした。

サイズは出ませんが、川バスなので引きが強く結構楽しめました。


今度は、もう一つ気になっている川があるので、そちらへ調査がてら釣りに行ってきます!


以上、川バス釣行でした。


最後までお読みいただきありがとうございました。


konokuro.hateblo.jp

【トラウト管釣り】複数のスプーンから、釣れるスプーンを絞り出す方法

こんにちは、このくろです

釣りをする中で、困るのがスプーンを変えるタイミング

ものの5分前まで爆釣していたスプーンがいきなり釣れなくなったり、
どのスプーンに変更しても釣れなくなったり、
「もうどのスプーンに変えればいいんだー!」ということってありませんか?

というわけで、今回は
楽しみながらスプーンを変えていく方法をご紹介していきます。


ステップ1. 環境に合わせたスプーンの色を決めておく

  • 水が透き通っていて、魚の視界が悪くなければ金や銀色に
  • 日が落ちてきて、水の色が暗くなり始めたら、暗い色に

という風に、色のパターンを決めておくとスプーンの色を変える時に迷いがなくなります。

このステップ1は、ステップ2でのスプーンを変える時の色の判断に使うことができます。

ステップ2. 投げる回数を決める

これは自分がやっていて思いついたルールになります。

ルールは至ってシンプルで、
スプーンの投げる回数を10投という風に決めてしまうだけです。
暗い色から明るい色までを10投ずつ投げていきます。

ただ、10投投げるだけでは何の面白みもないので更にルールを設けます。

  • ルール1. 1回でもヒットがあれば、また1投目からリスタートして、そのスプーンを使い続ける
  • ルール2. ヒットじゃなく、アタリがあれば、+3投を追加する

ルールのメリット

このルールを用いると、釣れるスプーンは、釣れなくなるまで投げることができます。
釣れないスプーンは、投げる回数がどんどんなくなっていくので次のスプーンにチェンジせざるをえなくなるのです。

もう一つ良い点がありまして、投げる回数が決まっているので1投1投の
「投げる場所」、「探るレンジ(深さ)」、「巻くスピード」が非常に丁寧になります。

ここが結構重要です。

これほど丁寧に探って反応がなければ、そのスプーンは今日は釣れない日か時間が悪いかのどちらかです。
潔く次のスプーンにチェンジしましょう。

おすすめの投げ方

自分を中心として、視界を右側、前方、左側の3等分にして、
それぞれの角度で、底、中層、表層のレンジを引いてくるだけで3 × 3 = 9回投げることができます。

この中で魚が反応してきた場所に集中して、巻きスピードをアレンジすれば、1匹の魚は釣れるはずです。

反応がいいスプーンが分かった後は

大体の色を投げてみて、反応がいい色が分かったら、色のトーンを落としたり、
ラメがかかったものや、形状が少し違うものを投げてやれば、爆釣パターンに発展することもあります。

釣果のレパートリーが増えていく

面倒な感じがしますが、この方法を続けていくと
「この気温の時は、この色で、このレンジで、この巻きスピードで釣れる」のような、釣り方のレパートリーがどんどん増えていきます。
 
自分の釣れパターンを持っておくと、ここぞという時に心の拠りどころになって釣果を伸ばすことができるのです。

最後に

とういうことで、スプーンを変えるタイミングをご紹介しました。
今回ご紹介したのは、10投というルールでしたが、自分で5投にしたり、20投にしたりアレンジしてしまっても問題はありません

スプーンでも全く釣れない人のために

ただし、持っているスプーン全部投げても釣れなかったよ!という方もいるかもしれないですね
自分もそんなことが過去2回くらいありました(;;)

なので、保険にミノーを持っていきましょう。
あまりに釣れない時は自分もミノーに逃げます。
(すぐに飽きて、またスプーンに戻すのですが笑)

いつかはスプーン1本でどんな状況も打破できるようになりたいものです

この記事を見て、1匹でも多く魚が釣れるようになったら幸いです


以上、楽しくスプーンを変える方法のご紹介でした


最後までお読みいただきありがとうございました

散歩がてら写真を撮ってきた

今日は散歩のついでに空の写真を撮ってきました。

久々にいい雲が見れたのです。


1枚目、雲の端から太陽の光が漏れている感じが綺麗です

今日は全体的に雲量が多めでした


鉄塔と組み合わせるとオシャレな感じになると思いましたが
そんなことはなかったですね


こんな景色を見ているだけで呼吸が深くなると言いますか
生きてて良かったなあという気持ちになります

夏になると沿道の草も大きく伸び、いい感じです



最近思うのは、
もっと、この自然の空気感をネットでも伝えられたらなと思う今日この頃でした。


最後までお読みいただきありがとうございました。

【もう面接に行くのを恐れなくていい】面接の恐怖がなくなる3つの方法

こんにちは、このくろです

9月中旬になって、夏の暑さもほんの少し和らいできましたね。

今回は、釣りのことではなく、就職活動について少し書いていきたいと思います。


ここで一つ質問ですが、
「みなさん、面接に行くのは怖いですか?」


私は結構怖いです。というか面倒だと思ってしまうタイプでした。
暑い季節だと、スーツの中は汗で気持ち悪いし、自分とは違うもう一人の自分を演じて
変に気疲れしてしまう・・・面接と考えただけで緊張が止まらない・・・

そんな面接の恐怖が無くなるテクニックをご紹介していきます。


①面接は相手のことを知る体験の場だと考えること

面接の場は、自分のことを試されていると考えるよりは、
自分が相手の会社のことを知る機会だと考えてみてください

自分のことをよく見せようと思うと、意識が自分だけに向きますが、
相手のことを知ろうと思うと、自然に質問が出てきて会話が続くようになります。

別に落ちてしまったとしても、その会社からしか聞けない情報というものもあります。
交通費はかかりますが、そのお金で経営者の方と会って、貴重な情報を知れたと考えればお釣りがくるくらいです。

自分のことをよく見せる発表会のように考えてしまうと、ガチガチに緊張してしまいがちですが、
相手のことを知る場だと考えれば、変に緊張もしなくなります。

②普段の自分を見せるだけでいい

自分のことをできる人のように普段の自分よりも大きく見せようとすると、大抵の面接は失敗で終わります。
いつもの自分じゃない姿を数十分も演じ続けるのは役者でもない限り、難しいことです。
もう開き直って、いつも通りの自分を見せるのが一番楽です。

口調も使い慣れない敬語を使うよりは、「です、ます調」を意識して、
若者言葉やため口にならなければ指摘されることはありません。

「普段の自分でいいの?」と思われる方もいるかもしれませんが、
その状態でも、話や雰囲気が噛み合う会社さんって結構いるんです。
友達とかでもいるじゃないですか、なんか空気感が合う人って。
そういう会社を見つけるのが後々、苦労しないためのポイントです。

それで面接に落ちてしまっても、この会社に入社したとしても合わなかったんだろうなと
早めに気づけたことに感謝しましょう。

空気感が合っていたのに落ちてしまった場合は、
どこが悪かったか見直しをして、次の面接に臨めばいいだけです。

そういう気持ちでいれば、普段の自分の状態で面接をするのはさほど怖くありません。

一番怖いのは、偽りの自分を演じて入社してしまい、モヤモヤを残したまま、働き続けることです。

③3割のヒットを狙う

面接の時間全てで完璧に受け答えができればそれに越したことはありませんが、そんなことはほとんどありません。

大体、3割くらいのヒットが打てればいいと考えるのがベストです。
つまり、少し質問の受け答えに失敗したからと言って落胆することはないということです。
途中でやっちまったと思っても、面接に合格することはよくあります。

それと、3割くらいでいいんだと思うと、気持ちも楽になりませんか。
妙に力が入ってる状態よりも、リラックスした状態の方が普段の力は出しやすいものです。

最後に

いかがだったでしょうか。
自分は上記の点を意識することで、面接が苦ではなくなりました。
( 暑い日のスーツは今も嫌ですが・・・ )

というより、会社の経営者と会って、自分の知らないことを知れる良い機会だなと捉えられるようになりました。


もし面接が苦しいな、行きたくないなと思っている方はぜひ上記の3つをお試しください。

少しでも就職活動のお力になれれば幸いです。

f:id:konokuro:20190912173343j:plain


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【本番に強くなる勉強法】時間を測るだけ!のお手軽勉強法

こんにちは、このくろです。

夏休みも終わり、受験生の方は本腰を入れ始める時期ではないでしょうか。

今日は、勉強の質を上げる方法を一つご紹介したいと思います。


それは、勉強をする時に時間を測る!
これだけです。

問題を解くのにどれくらい時間が掛かるかを計測しておくのです。

目の前に時計を置いて置くだけで大丈夫です。


はじめのうちは、掛かった時間はどんなに長くても構わないです。時間に意識を向けることが重要です。

その計測した時間を元にどこに時間がかかっているかを分析すれば、対策することもできます。

時間管理能力も向上する

また、時間管理能力が上がるので、試験では全体の問題数を見て、おおよその見積もりを立てることができ、慌てずに問題に取り組むことができるようになります。

普段から時間を意識していないと、この能力はなかなか身につきません。

本番に強くなる効果もあり

時間を意識すると本番と同じような緊張感を味わうことができます。

例えば、今から15分で問題を解くと考えてやってみてください。

時計の進む針が気になり、普段解ける問題が解けなくなったり、予想以上に時間が掛かってしまうことがあります。

この練習を積んでおけば、時計の針に惑わされることなく、本番でいつも通りの力が発揮できるようになります。

「練習は本番のように、本番は練習のように」という言葉がありますが正にその通りです。

本番で力を発揮できないという方は普段からこの練習をしておくことをお勧めします。

注意点

注意点としては、問題の理解に励んでいる状態の時には、この方法はあまりオススメしません。

時間を気にして、理解が疎かになれば、何も身につかないからです。

ある程度理解をして、試験を想定した勉強法を身につけたい時や集中して勉強に取り組みたいという時に使える技なので、そこだけ注意をしてください。


以上、本番に強くなる勉強法の紹介でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

体調5mmのブヨという虫に両足を屍鬼封神されそうになった話

f:id:konokuro:20190814165715j:plain


みなさん、ブヨという虫をご存じでしょうか


こやつです、体調5mmほどでかわいい見た目をしていますが、凶悪な虫なんです。

今回はこのブヨで痛い目にあったので、その時のことを記事にしてみました。
f:id:konokuro:20190814161923j:plain

釣りをしていると足が血だらけに

その日は、栃木県で釣りをしていました。

足に蚊のような小さい虫が集まっているのは感じていたんですが、手で払いながら釣りをしていたんです。

その時は、「蚊かな」程度でそんなに気にしはいなかったのですが、

2時間くらい経って足を見ると、膝から下が血だらけになっていました。

「蚊にしてはよく吸うやつだな・・・」とこの時は呑気に考えていましたが、これが間違いでした。


その日はホテルにもどって、綺麗に足を洗うと、痛みなどもなく、栃木特融の蚊なのかなと思って寝たわけです。

二日目に事件は起こる

二日目も釣りに行こうと、足を見てみると、

足のかかとからつま先までが水風船のようにパンパンに膨らんでいました。

f:id:konokuro:20190814162319p:plain


なんじゃ、こりゃと思って、そこでネットで調べてみると、症状からし”ブヨ”という虫の仕業であることに気が付きました。

この時も多少のかゆみしかなかったので「まあ、放っておけばそのうち治るだろう」と虫よけスプレーだけ買ってその日も釣りに行っちゃいました。

スプレーのおかげで、前日に比べると、一匹もブヨは寄ってこないのですが、

お昼を過ぎたあたりから、猛烈なかゆみが襲ってきました

蚊に何十回も刺されたようなかゆみです。

とりあえず、釣りは切り上げ、ドラッグストアに向かうことにしました。

ドラッグストアまでの道のりが地獄

釣り場からドラッグストアまで歩いて1時間くらい

なぜ私は歩いてきたんだと後悔もしましたが、今さら後悔してもしょうがありません。


時間を追うごとにひどくなるかゆみ、

両足に麻酔薬をぶち込まれたかのようにパンパンに腫れた足、

もうこれ以上歩くと、足がもげるんじゃないかとそう思いました。


やっとこさ、ドラッグストアに到着すると、

ブヨ用と書いてある店長おススメの軟膏を買って、すぐホテルまで帰りました。

応急処置

ホテルに帰ってまずやったことは、以下の3つです

①傷口を絞り洗いすること

 ブヨは皮膚をかみ切って、吸血するらしいのですが、その時に傷口に菌が入って、異常なかゆみを引き起こすとのことでした
 なので傷口を絞りながら、菌を絞り出すことが良いとのことです。口で吸うのはNGですよ。

 噛まれてから1日経ってますが、一応やっておきました。

②熱いお湯で菌を殺菌

 暑いお湯で皮膚を洗うと、菌の活動を一時的に抑えられるとのことなので、これも試しました。
 本当に火傷するかどうかギリギリまで温度を上げ、足に熱湯を浴びせ続けました。
 これが効果があったのかだいぶかゆみが収まりました。

③薬を塗る

 とりあえず、応急処置を済ませた後、薬を塗りたくって、安静にしておきました。
 色々やったおかげか、先ほどまでが嘘のように、かゆみがほぼ無い状態までもっていくことができました。


次の日起きてみて

次の日起きて、足を見てみると更なる現象が起きていました。

 水ぶくれです。

もう、これは自分の足なだけに本当に気持ちが悪かったです。
何かの病気に汚染されたかのような水ぶくれが何か所もできていたんです。
とりあえず、つぶさないほうがいいとネットに書いてあったので、絆創膏を貼り人目につかないようにしておきました。

f:id:konokuro:20190814163603p:plain


それから数日後

 
足の腫れは、4日目くらいで通常状態に戻り、
水ぶくれは、1週間くらいで無くなりました。

2日目にやった処置を1日目でやっておけば、もっと治りは早かったかもしれません。


というわけで、ひとまず両足はなくならないで済みました。

最後に

こんな危険な虫が身近にいることが驚きで、子供とかができたら、うかうか外に遊びに出せないなと思いました。

ブヨは綺麗な水辺でしか生きられないとのことで、山奥の渓流などに行く時は注意が必要です。

自分が行ったのはJRの駅から1時間くらい歩いた平地の池でしたが・・・


というわけで、最強昆虫ブヨに両足をもってかれそうになった話でした。


これから、水の綺麗な地方に行かれる方は注意が必要ですね。


最後までお読みいただきありがとうございました。